万年冷え性の自分が、生まれて初めて「足先がポカポカする」体験をした話

自分、子どもの頃から冷え性です。

子どもの頃、父がスキーに連れて行ってくれたのですが

楽しい、とかそういう感想じゃなく

「なんでこんな寒い所に来なければならないの」

としか思えませんでしたw

やたら高いカップラーメンが、あったかくて美味しかったw

そして、今でも室温の低い所に行けば、

真っ先に手足やひざなど、末端から冷えていきます。

足先が暖かい、なんて経験、ありませんでした。

しかし、【一円玉療法】という本に出会い、試してみました。

そしたら……驚くことが起きました。

一円玉を、三陰交と足三里というツボに

 1.10秒間、強めにぎゅーと押し付ける

 2.一円玉で少し強めに10回くらいこすって
  擦過傷(さっかしょう:目に見えないくらいの細かい傷)をつける

 3.サージカルテープなどで一円玉を貼り付ける

たったこれだけです。

10分ほどして、

足が

なんと

ポカポカし始めたのです。

えええええええええええええええええええええええええ!!!

生まれて初めての感覚でした。

なんだこれ。

すごすぎる。

ありえない。

そういえば、

昔、鍼灸院さんに通っていたとき

先生が、針を「刺さずに置くだけでも効くんですよ」

そうおっしゃっていて、とても不思議でした。

一円玉療法は、その「針を刺さずに置くだけ」と同じ原理のようです。

冷え性に限らず、いわゆる「ツボ」であれば効果があるみたいです。

次回は、一円玉療法が効く理屈について紹介したいと思います。

お楽しみに〜

この記事を書いた人